手当て~セラピストとしての原点回帰~

手当て~セラピストとしての原点回帰~

こんばんは、Herbal Tea〈ハーブティー〉の田端です。今日は十六団子の日でした。山と里を行き来してる神様が山から里へ下りて来るとされ、16個のお団子を作ってその神様をおもてなしする日です。(元々豊作祈願のために生まれた伝統行事なんだそうです)日本の伝統行事は知れば知るほどたくさんあって奥深いものだなぁとしみじみ思います。

ところで。こうしてブログを投稿させて頂いてる中で今度は何を書こうか?悩むこと。正直なところ多々あります。。まだまだ勉強不足で文才のない自分にはコンスタントにブログを更新することが大きな課題でもあります。今回は特に悩みました。。書いては消し書いては消しを繰り返していたら4時間ほどが経過こんなに無理やり書いても読んでくださる方に失礼というものですよね。

という訳で今日は書きかけたものを全部リセットして一旦、自分の好きなことで自分を囲ってみました。好きな音楽→好きな飲み物→大好きなこの仕事を始めた理由。これで思い出したことがありました。

アロマセラピストになる前は、ほぐしとリフレクソロジーメインのサロンで働いていました。その時飛び込みで来店されたご年配の女性。「足が痛くて、たださすってもらえるだけで良いんだけど出来ますか?」イレギュラーなご注文に一瞬戸惑ってしまいましたが、お受けしました。指圧やストレッチは一切せず痛いとおっしゃっていた足を30分さすりました。‘‘これでお代を頂いて良いのか?‘‘また戸惑いました。でもその方は「あー楽になりました。ありがとね」そういって喜んでくださりその後も来店して下さいました。

「手当て」ってこういうことだったんだなぁとその方のおかげで改めて実感しました。もちろんセラピストとしての技術や知識は必要です。でも、そもそもどうしてセラピストになろうと思ったのか?「いつも一緒にいる家族の健康管理をしたいから」でした。そのために必要な知識や技術はその思いの後に付随する必須アイテムで、思いの本質を見失っては本末転倒です。月並みですが今後も精進したいと思います。

追記です。お客様から「どの香りが良いのか自分でもよく分からないときはなにを選んだら良いですか?」という質問を頂くことがあります。普段はその方の好きな香りを優先してどの精油(アロマ)を使うか決めているため、不意打ちなご質問です。ですがアロマスクール時代の先生が「占星術でアロマを選んでみるのも選択肢として有効です」というようなことを仰っていました。

占星術とアロマ、興味深いです。勉強して今後に役立てたいと思います。お読みいただきありがとうございました。